笑顔と感謝でラブラブ夫婦に大変身!

自己紹介 – 夫婦関係をよくする為のたった1つの方法とは?

  • HOME »
  • 自己紹介 – 夫婦関係をよくする為のたった1つの方法とは?

shige_jpg_250

こんにちは!
シゲと申します。

ご訪問下さり本当にありがとうございした。

僕は、現在、以下のようなブログを運営しています。
→ 妻が3週間後に笑顔でハグハグしてきました。

 

本日は、自己紹介の代わりとして、
何故、僕が、このようなブログを始めたのかをお話しします。

 

実は、数年前までの私は、毎日が不平や不満の連続でした。

月末になると、必ず
「今月の支払をどうするのか?」
と、妻とよくケンカをしていたものです。

 

「お前が無駄使いするからじゃないのか?」と言えば、
「文句ばっかり言ってないで、もっと稼いできなさいよ。」
「お前が悪い!」
「あなたが悪い!」

と、お互いが責任の擦(なす)り合いをするだけで、
何の解決にもなりません。

 

結局、いつもカードローンで借りては、
返済に充てるという繰り返しでした。

 

年末の賞与で、なんとか帳尻を合わせていましたが、
そんな状態がいつまでも続けらるわけではありません。

息子の進学や家の修理・突然の出費や将来のことを考
えると、不安で眠れなくなることも頻繁にありました。

 

そんな状態ですから、
妻との仲は、冷めきってしまいます。

顔を見るのも嫌になり、
目を合わせて話すことが出来なくなっていました。

 

妻のやることなすことが、いちいちカチンときます。

「もういい!俺は一人で生きていくぜ!」
「いつでも別れてやるよ!」

と、何度、口から出そうになったことか・・・。

 

しかし、1番下の子がまだ小学生です。
「この子が高校を卒業するまでは・・・」と、
なんとか我慢していました。

子供が居なければ、とっくに別れていたと思います。

 

もちろん、そんな生活が楽しいはずはないですよね。

 

でも、僕にだって理想があります。

朝は、気持ちよく目覚め、
妻と「おはよう」チュをして、
「ヨシ!今日もやるぞ!」
とワクワクしながら1日のスタートを切る。

そして、家に帰れば、妻や子供達が
笑顔で「おかえりなさい!」と迎えてくれ、

家族でワイワイしゃべりながら食事をし、
「あぁ、今日も1日楽しかったなぁ。」
と思いながらベッドに入る。

そんな生活を夢見ていました。

 

子供が成長するにつれ、
その思いは、どんどん強くなってきます。

 

何とか、お金を稼いで、自分の人生を取り戻したい。
「何か出来るこはないのか?」と考え、当時、ブーム
になり始めていたアフィリエイトに取り組みました。

ところが、何万円ものお金を教材につぎ込みましたが、
多い月でも4、5千円にしかなりません。

 

「これではダメだ」と思い、
次は、居酒屋でアルバイトを始めました。

時給は850円、働けば確実にバイト料をもらえます。
月に5万円~6万円くらいにはなっていたのですが、
昼も夜も仕事では、さすがに体が持ちません。

本業に支障が出始め、結局、半年で辞めてしまいました。

 

余談ですが・・・

不思議なことに、バイトをしている間、車が故障したり、
スピード違反で罰金を取られたりと、
手元に全然お金が残らないのです。

「俺が何か悪いことでもしたのか?」
(まぁ、スピード違反は悪いことですが・・・(^_^;)
と、不思議なくらい次から次へと出費が重なり、
バイト料はそのまま右から左へ・・・。

結局1円も残っていませんでした。

今思えば、なんとなく理由も分かりますし、
運が良かったと思えます。

 

でも、当時は、
悔しさと空(むな)しさしかありません。

それでも、諦(あきら)めることができず、
「成功したい!」「金持ちになりたい!」
という思いは、どんどん強くなっていくんです。

 

「何か方法なないものか?」
近所の本屋さんへ行っては、本を読みあさり、
良さそうなことを、片っ端から試してみました。

 

「目標を紙に書けば実現する」と書いてあれば、
何度も紙に書き、手帳にも書いて、持ち歩いていました。

「既に目標が達成したように、先に感謝すれば良い。」
と聞けば、

「アフィリエイトで、
毎月10万円稼げるようになりました。
ありがとうございました。」

と毎朝言い続けました。

 

「寝る前と寝起きの直後に、
目標が達成できたようなイメージを強く念じれば、
脳が勝手に動きだして成功できる」

と知れば、すぐにこれも実践してみました。

 

でも・・・

結局、何をやっても変化はありません。

 

「やっぱり、俺には無理なのかのかぁ」
「これが俺の運命なんだから仕方ないよね」
と諦(あきら)めかけた頃です。

 

いつものように、ふと本屋に立ち寄り、
何気なく平積みされていた本をめくると・・・

「世の中の成功者は、
もともと成功にふさわしい人物であったから成功したのである。」

「成功してから素晴らしい人物になったわけではない。」
と書いてありました。

 

僕は、この文章を読んだ瞬間に、
背中がゾクゾクっとして、
電流が走るような衝撃を受けました。

 

「そうか!そうだよなぁ!
何も無い人間が成功できるわけないよなぁ。

成功したければ、
まず成功に必要な資質を身に着けることが先、
自分の器を大きくすることが先なんだよなぁ。

と気づいたんです。

 

宝くじで大金を当てた人が、その後の人生を狂わせてしまった
と聞いたことがあります。

これなんかも、
大金にふさわしい人間ではなかったことによる悲劇
なんですよね。

さて、
「成功したければ、成功者にふさわしい人間になれば良い。」
ということは分かりました。

 

とは言え、
「では、具体的に何をすれば良いのか?」
となると、さっぱり分かりません。

 

そこで、また、色々な自己啓発書を調べ、
様々なセミナーにも参加してみました。

色んな人の話を聞くために、
何度も山口から東京へも通いました。
5年間で50回以上は通ったと思います。

 

そうやって色々と自分の資質を高め、
器を大きくする方法を探しもとめた結果・・・

「答はたった1つしかない!」
ということに気づいたのです。

 

その答えとは・・・

「常に感謝する」

ということだったんです。

 

分かってしまうと「はぁ?」という感じですが、

 

でも、
「常に・・・」
というのは、意外と難しいんですよ。

良いことであれば、
「ありがとうございます!」
と誰だって感謝できますよね。

 

しかし、嫌なことが起きても、心から感謝出来なければ、
感謝しているとは言えないんです。

嫌(いや)な出来事に感謝!
嫌(きら)いな相手にも感謝!
ゴミを見ても感謝!

心の中から感謝できるようになると、
殆(ほとん)どの問題が解決します。

 

ある人から聞いた話ですが、

「人はお金を追いかけ、
  お金は徳を追いかけ、
    徳は人を追いかる」
そうです。

図に書くと

 人 → お金 → 徳
 ↑        ↓
  ← ← ← ← ← ←
こんな感じ。

 

なので、徳を求め、自分の資質を高めていけば、
自然とお金も集まるようになります。

     お金 → 徳
          ↑
      人 → → →
こんな感じ。

 

考えてみれば、
いつも感謝していれば、顔つきが穏やかになり、
とても感じの良い素敵な人になります。

ブスッとしている人より、感じの良い人の方が、
仕事も沢山頼まれますよね。

そうなれば、自然と収入も増えていきます。

 

また、サラリーマンでも、実力が同じなら、
感じの良い人の方が先に昇進し給与もアップします。

 

なので、成功したいのなら、
まずは自分の資質を高めることが重要なんです。

また、常に感謝を心掛けていると、
人格の向上だけでなく・・・

「うつ病が治った」
「毎日がとても幸せに感じる」
「夫婦の仲が良くなった」

なんていう効果もあります。

 

我が家でも、感謝のことばを伝えた翌日から、
妻の態度が激変しました。

結婚して今年で24年目ですが、

「あなた最近変わったわね。」と言ってくれ、
それ以来、毎朝、私の靴を磨いて
「行ってらっしゃい」チュをしてくれます。

そうなると、家庭も明るいですよね。
夫婦の仲が良いと子供達もとても嬉しそうなんです。

「幸せってこういうことなんだぁ。」
と、つくづく感じています。

 

ところが・・・

友人や職場の仲間の話を聞くと、
以前の自分と同じように、奥さんへの愚痴や
給与への不満を言っている人が沢山いるんです。

そこで、
「感謝が足らないんだよ。
  奥さんに感謝してみたら。」

とアドバイスをするのですが、
なかなか思うように実践できないようです。

理屈では分かっいても、なかなか行動には移せないんですよね。

 

そこで、このブログでは、
主に夫婦関係をよくする為のコツや方法を、
実践できるように感謝という言葉をキーワードとして
記事にしていきます。

 

奥さんと仲良くしてハグハグしたい!
悩みや不安を吹き飛ばし夜ぐっすり寝たい!
満たされた気持ちで毎日を楽しく過ごしたい!

少しでもそのように思われているのであれば、
是非、ご覧になってみて下さい。

→ 妻が3週間後に笑顔でハグハグしてきました。

 

では、
本日は長文を読んで下さり、
本当にありがとうございました。

今日も一日幸せでありますようお祈りしております。(^^♪

PAGETOP